FastEver2(ファストエバー2):2つあるものを1つにする

FastEver2(ファストエバー2)。2つあったものを1にできました。

Evernote(エバーノート)

情報管理ツールアプリの

Evernote(エバーノート)

・メモ

・情報収集

・タスク管理

などに利用していて、
今や手放せないものになっています。

Evernote❒

FastEver2

加えて、そのEvernote(エバーノート)を使うのに
欠かせないのがメモアプリ。

このメモには、
FastEver(ファストエバー)というアプリを使っていました。

ただ、シンプルが故の難点で写真が保存できません。

そのため、写真をEvernoteに保存するときは、
FastEverSnapという別のアプリを利用。

テキストはFastEver

写真はFastEverSnap

という使い分けをしていました。

ただ、2つを使い分けるのが少し面倒に感じることも…

このFastEver2ならば、
FastEverと同じようなメモ画面で

・写真

・場所

・時間

などの情報を保存することができます。

これで、2つのアプリでやっていたことを
1つのアプリにすることができました。

端末の画面もスペースが1つ空きますね。

まとめ

FastEver2(ファストエバー2)

2つあるものを1にする。

ITまわりにあるものの
機能の見直しによる統合スピードは早いです。

当たり前のように2つあるものでも、実は1つにできるのでは?

これは、
作業の効率化をするためのきっかけにもなりますね。

 

 

◉編集後記◉

昨日のライドは、41.6km。途中久々にローディさん(ロードバイクに乗っている人)に会いました。季節ですねえ。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ