待たせているより待つのが好き:そんな人にはブログがある

待たせているより、待つのが好きという人もいるのではないでしょうか。

待つのが好き

私自身のことで言うと、
どちらかといえば、

・待たせている

という状況より、

・待っている

という状況のほうが好きです。

もちろん、いつまでも待っているという訳ではなく 、
ただなんとなく待っているのが好きという訳でもありません。

それでも、

・待たせている

より

・待っている

ほうが好き。

それは、
こういったことに弱いからです。

待たせているプレッシャー

相手を待たせているという状況。

そこには、一定の負荷がかかっています。

・自分の時間が奪われる

・予定通りにいかないストレス

相手がそういったことを微塵も感じていないとしても、
状況としては、そういった状況になってしまう。

いくら期待せずに待っててね
という場合であったとしても、そこには、

待たせているプレッシャー

を感じずにいられません。

そんな人にはブログがある

そんな

待たせているプレッシャー

SNSなどの「つながり」を楽しむものにも、
少なからずそういったことを感じることがあります。

いくら相手が待っていなくても…
というのは、前述した通りです。

そういったことが苦手な方は、
何のつながりも持たないという選択肢もありますね。

でも、

それでも自分を発信したい!

というワガママな人のために、ブログがあります。

私もそういった人のひとりです(^^)

まとめ

待たせているより待つのが好き。

そんな人にはブログがある。

こういったことも、
私がブログを続けていけている理由のひとつです。

もちろん、
SNSなどのつながりを持つことを否定している訳ではありません。

私も超快適なSNSのつながりを持っています。

 

 

◉編集後記◉

子供たちと自転車で本屋へ。昨日は、大好きな雑誌の発売日でした。自分も大好きだった雑誌。受け継がれてます(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ