ネット上にあるものって元々そんなもの:気持ちを楽にしたパートナーの一言

岡山県真庭郡新庄村のがいせん桜。昨日(2017.4.22)は十分楽しめました。

書くプレッシャー

ブログを書く。

ただただ書いているようですが、
そこには書くプレッシャーがあります。

・実行不確実性が高いもの

・場合によっては勘違いが生じるもの

・見る人によっては誤りが出るもの

そういったものは、
なるべく書きたくはありません。

もちろん、それなりの下調べをし、
そういったことがなるべく生じないように記事を書くのですが、
それが完ぺきかと言われるとそういう訳ではありません。

表現がよくないことがあり、
後から記事を書き直すということもあります。

そのため、書いている時点でプレッシャーを感じ、
書く手が止まるということもしばしば。

でも、書いてはおきたい…

そんなとき、
気持ちを楽にしたパートナーの一言があります。

元々そんなもの

そういった書くプレッシャーが大きくなったときに、
パートナーが言い放った一言

それが、

ネット上にあるものって元々そんなもの

です。

自分に振り返っても、
そのような思いを持ちながらネットの情報は見ています。

だから、元々そんなもの。

そうはっきり言われると、気持ちが楽になりました。

必要なプレッシャーでもある

ただ、前述したプレッシャーは、
ある程度は必要なプレッシャーでもあります。

プレッシャーは、責任の裏返しです。

そういった前提のあるものを別として、
最初からあり得ないことを書くというのは論外ですが、

・誤解が生じやすい

・日付や期間が明示されていない

・限定される条件や要件が書かれていない

そういった記事は、なるべくなくすべきで、
そういったことを書かないためのプレッシャーは感じる必要があるでしょう。

まとめ

・実行不確実性が高いもの

・場合によっては勘違いが生じるもの

・見る人によっては誤りが出るもの

そういったものはなるべく書きたくありませんが、
それが完ぺきにできているかと言われれば、そういう訳ではありません。

もちろん、
嘘を書くというのは論外ですが、

ネット上にあるものって元々そんなもの

書き続けるためには、
そう割り切ることも、必要なことのひとつだと思っています。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、自転車仲間の方たちと60km。乗り方など色々と教わりながらのライド。天気も良く、すごく楽しかったです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ