社会保険料の決まり方:原則として年1回の届出で決まる

社会保険料は、原則として年1回の届出で決まります。

社会保険

・法人事業所で常時従業員(事業主のみの場合を含む)を使用する事業所

・常時5人以上の従業員が働いている事務所及び工場、商店等の個人事業所

は、原則として厚生年金保険及び健康保険の加入が義務づけられています。

加入したら、
当然保険料を納めるようになるのですが、
その保険料はどのようにして決まるのでしょうか。

ざっくりと確認しておきましょう。

原則として年1回

社会保険に加入している人の保険料(社会保険料)は、
実際に支払を受けた給与等の金額に合わせて、毎年9月に決定されます。

この実際に支払を受けた給与(=事業所の側から見ると実際に支払った給与)は、
毎年7月に3か月間(4~6月)分を『算定基礎届』により届出ます。

決定された届出額(標準報酬月額と言います)は、
原則1年間(9月から翌年8月まで)は固定され、
納める社会保険料の金額計算の基礎になります。

これが、基本の考え方です。

ここでポイントになるのが、
社会保険料の金額を決める『算定基礎届』という届出。

『算定基礎届』は、
このようなタイミングで提出していきます。

提出のタイミング

毎年7月10日まで

4,5,6月の3ヶ月間分を毎年7月10日までに提出します。

※このタイミングは、2017(平成29)年4月24日現在の情報で、変更になる場合もあります。

入社時

前述した3ヶ月間(4〜6月)分の実際に支払った給与は、入社時にはありません。

そのため、入社時は支払っていく予定の給与等の金額を届出ます。

この場合は、『資格取得届』という届出に、
1ヶ月分の給与等の金額を記載するようになります。

これは、正確には『算定基礎届』ではありませんが、
次の『算定基礎届』の提出のタイミングが来るまで、
原則として納める社会保険料の金額計算の基礎になる
という点では、『算定基礎届』と同じ役割があります。

まとめ

社会保険料の決まり方

原則として年1回の届出で決まる。

前述した『算定基礎届』は、
5月中旬〜6月中旬頃に各事業所に配布(郵送)されます。

これからが時期ですので、
郵便物に注意して、届出漏れのないようにしましょう。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、オフ。家族で桜を見に行ったり、買い物など。岡山県北部にはまだ残っている桜。今年は長く楽しめました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ