用意するだけでは足りない:中小企業退職金共済制度(中退共)

従業員への退職金を用意する手段のひとつ中退共。ただ、用意するだけでは足りません。

中小企業退職金共済制度(中退共)

中小企業退職金共済制度(ちゅうしょうきぎょうたいしょくきんきょうさいせいど)

通称、中退共(ちゅうたいきょう)と呼ばれているものです。

パンフレットではこのように説明がされています。

『よくわかる中退共制度詳細版(あらまし)』より

中小企業退職金共済(中退共)制度は、昭和34年に国の中小企業対策の一環として制定された「中小企業退職金共済法」に基づき設けられた制度です。 中小・零細企業において単独では退職金制度をもつことが困難である実情を考慮して、中小企業者の相互扶助の精神と国の援助で退職金制度を確立し、これによって中小企業の従業員の福祉の増進と雇用の安定を図り、ひいては中小企業の振興と発展に寄与することを目的としています。 この制度は、独立行政法人勤労者退職金共済機構(機構)中小企業退職金共済事業本部(中退共本部)が運営しています。

個人事業主のための「小規模企業共済制度」

その会社版(法人版)と表現するとわかりやすいかもしれません。

会社から見た3つのメリット・デメリット

メリット

【1】国の制度だから(一応は)安心

一応は、というのが気になるかもしれませんが…

【2】掛金の助成がある(ただし限定的)

新規加入時や掛金を増額するときに、国からの助成が受けられます。

【3】掛金を支払ったときの経費になる

退職金が支払われた時に経費になるのではなく、掛金を支払ったときに経費になります。早いタイミングで計画的に経費化ができます。

デメリット

【1】簡単にやめれない

一定期間(2年)は掛けなければ、掛金が支給額を下回ります。また、掛金を減額するのにも要件があります。

【2】支払いたくない場合も支払われる

どのような理由があったとしても、掛金に応じた退職金が退職した従業員に支払われます。

【3】効果が見えにくい

毎月の掛金の効果は、目に見えてあるものではありません。

用意するだけでは足りない

特に注目しておきたいのが、
デメリットの【3】効果が見えにくいです。

・賞与

・手当

・福利厚生

そういったものは、
その効果が目に見えやすいという利点があります。

退職金の元になる掛金を毎月支払っているというのは、
従業員には目に見えてわかりません。

わかってはいるけど、
忘れてしまうと表現したほうがいいでしょう。

ただ、退職金を用意してあるということは、
従業員にとってすごく価値があることです。

その会社に長く勤めたいというインセンティブにもなりますね。

でも、目には見えにくい…

そのため、
それがきちんと伝わる工夫をしておかなければ、
ただ用意するだけでは足りません。

まとめ

中小企業退職金共済制度(中退共)

従業員への退職金を用意するなら、
ぜひとも選択肢の中に入れておきたい制度のひとつです。

ただ、
前述したように用意するだけでは足りません。

それがきちんと伝わる工夫が必要ですね。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、終日事務所内で。子供たちは春の遠足。いい天気になってよかったです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ