打ち合わせの進め方:いるだけで何か考えが進むなあが理想

打ち合わせ時に意識していることです。

打ち合わせ

やるからには、
意味のある打ち合わせにしたい。

お互いの貴重な時間を使っているのだから当然です。

技術的には、

・当日の予定を前もってお知らせする

・目的をお伝えしてから打ち合わせをはじめる

・準備物にモレがないよう事前にチェックする

などをやっていますが、
こういったことも意識していることです。

気がつく

打ち合わせ時には、
相談したいことがどのような内容のものであっても、

話をはじめた時点で自分なりのゴールがある

そういった場合がほとんどです。

そのため、
後は本人がそれに気がつくだけ。

気がつけば、どんどん話は進みます。

もちろん、
ルールとして決められていることを守るため、
そのゴールは微調整していかなければいけません。

ただ、基本的には、
自分で気がつくことが大前提。

さらには、気づきの連鎖が起こり、
こういったことを感じていただけるのが理想です。

いるだけで考えが進む

打ち合わせ時には、

気がつく

話す

気がつく

その繰り返しで、
いつの間にかゴールに立っていた。

この人がいるだけで何か考えが進むなあ

そう感じていただけるのが理想です。

そのためには、
聞く力が欠かせません。

自分で気がついていないことは、
話すことで気がつくことがほとんどだからです。

いつもしゃべりすぎてしまって、
反省することも多いのですが^^;

まとめ

打ち合わせの進め方

いるだけで何か考えが進むなあが理想

税理士として、

「してあげる」価値

は限定的です。

でも、

「できるようになる」価値

には限りがありません。

それは、
打ち合わせ時にもいえることです。

 

 

◉編集後記◉

少しずつですが、体幹を鍛えるトレーニングをやっています。やりはじめなので、すぐに体が痛くなりますが…^^;。体のバランスってやっぱり大事だなあと。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ