これって経費?と迷ったとき:家族や友人に説明できるかどうか

経費になるかどうか迷ったときは、家族や友人に説明できるかどうかというのもひとつの判断基準です。

これって経費?

経理をしていると、
必ずといっていいほどぶつかる問題。

それが、

これって経費?

問題です(^^)

支払ったものが、
すべて経費という訳ではありません。

きちんとした判断基準が必要です。

事業に必要なものなら

原則として、

事業に必要なものならすべて経費

です。

これは、

売上に貢献するものならすべて経費

と言い換えることもできますね。

最もシンプルで、
判断基準として強いものです。

ただ、それだけでは、
ついつい主観的になってしまいがち。

誤った判断をしてしまうこともあります。

そのため、
加えておかなければいけないのが「客観的に」という視点です。

客観的に事業に必要なものと認識できるものはすべて経費

としておかなければいけません。

では、どうすれば「客観的に」
という視点を加えることができるのか?

こういったことを、
やってみるといいかもしれません。

家族や友人に説明できるかどうか

この支払は、事業に必要なもの。

だから、経費にしている。

そういった説明を、家族や友人にしてみましょう。

その説明を聞いて、

・納得できた

・腹落ちした

・当然だと思った

そういった返答が得られれば、

「客観的に」という視点を加えられた

と言えますね。

まとめ

これって経費?と迷ったとき。

家族や友人に説明できるかどうか。

事業に必要なものならすべて経費

なのですが、
それに加えておきたいのが「客観的に」という視点です。

その視点を加えるために有効なのが、
家族や友人に説明できるかどうかということ。

その説明に納得してもらえたら、
「客観的に」という視点を加えられた。

そういったことが言えますね。

ちなみに、
タイトル写真のサイクリングジャージ。

これは、
事業の経費にはなりません。

説明もできませんね。(あくまで私の場合です)

 

 

◉編集後記◉

子供たちに漢字の書き取り問題を出され、答えられず^^;「うっぷん」なんて書けないです…使いませんしね。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ