会計だけではなく申告もクラウドで?:目的ではなく、あくまで手段

クラウドであることは、目的ではなく、あくまで手段だと考えています。

クラウド申告ソフトの研修会

とあるクラウド申告ソフトの
Web研修会に参加しました。

・Web開催であるため参加しやすい

・実際の使用感を体験できた

・予定時間通りに終わった

これで営業がかからなければ^^;、
ある程度満足感のある研修会でした。

クラウドを選んでいる理由

弊所では、会計ソフトについては、
クラウドでの使用を推奨しています。

クラウドを選んでいるいちばんの理由は、

コミュニケーションのとりやすさ

にあります。

実際に、場所や時間を選ばずに、
同じものを見ることができるメリットは、相当にあると感じています。

今回研修を受けたのは、
会計ソフトではなく、申告ソフト。

申告ソフトは、会計ソフトで帳簿をまとめた後、
税務署に提出するための書類を作成するときに使うものです。

どちらかといえば、税理士サイドの話。

クライアントさんから見れば、
会計ソフトに比べ、距離があるものです。

目的ではなくあくまで手段

会計だけでなく、
申告もクラウドでできるようになる。

ただ、

クラウドが絶対的にいいのか?

というと、そういう訳ではありません。

クラウドであることは、
目的ではなく、あくまで手段であること。

目的が達成されれば、
手段はどんな手を使ってもかまいません。

あえていうなら、

・コスト

・スピード

・確実性

それらのバランスがとれているものを
選んでいくようになるでしょう。

まとめ

会計だけではなく申告もクラウドで?

クラウドの導入が、
差別化という目的になることはありません。

クラウドであることは、
目的ではなく、あくまで手段だと考えています。

ところで今回のクラウド申告ソフト。

不具合ありきでリリースをしているところもあり、
今後取り組んでいく可能性は、今のところ未知数です。

走りながら考える

そういった姿勢は、嫌いではないですが。

 

 

◉編集後記◉

抜けるような青空。自転車で諸用をこなして、行きつけのコーヒー屋に。午後からは今回記事にした研修という一日。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ