『長崎皿うどん』:これは夏休みメニューのレギュラー入り確定かも

近所のお店で購入した『長崎皿うどん』これは夏休みメニューのレギュラー入り確定かもしれません。

長崎皿うどん

長崎皿うどんは、長崎県の郷土料理。

パリパリの麺に、
具材の入ったあんをかけて食べます。

うどんといっても、
中華麺に近く、うどんとは全くの別モノ。

慣れるまで、これをうどんと呼ぶのは、
少し抵抗があるかもしれませんね。

太麺のものもあるようですが。

作り方は意外と簡単

今回購入した商品に封入されていたのは、

・麺

・あんかけの素(粉末)

の2つ。

麺の方は、そのままお皿へ。

あんかけの素(粉末)は水で溶かして、
炒めた具材と混ぜるとそのままいい感じのあんかけになります。

具材用に野菜のほか、
冷凍の魚介類などをストックしておくと便利です。

出来上がりはこのように。

パッケージ写真との差がひどいですが^^;

作り方は意外と簡単でしたので、
これはもう夏休みメニューのレギュラー入り確定ですね。

もう夏休み?

夏休みメニューのレギュラー入り…

もう夏休みのこと考えてるの?

という感じですが、

考えてます(^^)

特に保存が効く麺系は重宝します。

あると思っていたご飯がない。

さらに時間までない。

というときのクッションになりますね。

パターン化してくるメニューに、
たまに差し込んでやろうかと思ってます。

まとめ

『長崎皿うどん』

これは夏休みメニューのレギュラー入り確定かも。

ちなみに、
この『長崎皿うどん』

1個(2人前)19円でした。

じ…19?

そりゃあ確定でしょう(^^)

※特別な事情があり、特に安く売られていたようです。

 

 

◉編集後記◉

交通安全教室のため子供の自転車に乗って開催場所へ移動。22インチでも意外と乗れました。乗らずに車に積載して持って行けばいいのですが、なぜか乗っていくという…


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ