棚卸資産:商品をいくら仕入れても経費にならない理由

棚卸資産。商品をいくら仕入れても、売れなければ経費にはなりません。

年度末

一般的に、
会社にとっての年度末は、

事業年度の最終月日

個人事業の場合は、

12月31日

を指します。

その時期が近づいてくると、

「なんだか知らないが、利益が出てるみたいだぞ。

じゃあ、商品を多めに仕入れておこうか」

ということがあるかもしれません。

商品を仕入れると、
通常は経費ですので、利益は減ります。

利益が出ているから、
商品を多めに仕入れておきたくなる。

その気持ちはわかりますね。

でもそこには、
「売れた」という前提があるから経費になる
という視点が抜け落ちています。

売れていない商品については、
こういった取扱いをしておかなければいけません。

棚卸資産

棚卸資産(たなおろししさん)は、

将来、販売または使用する目的で保有する資産

と定義されるもの。

いわゆる「在庫」です。

在庫といえば、

・売れ残っているもの

・品質が低下しているもの

・流行遅れのもの

というイメージが強いですが、

・これから売る予定のもの

であっても当然に在庫です。

仕入れても売れていない商品=在庫。

いくら多めに商品を仕入れても、
経費にならない理由は、ここにあります。

いくら仕入れても経費にならない理由

売れていない商品は、年度末になると

経費(仕入れ)

資産(在庫)

に変身します。

正に「へーんしん」という感じです。

変身すると、

経費が資産になるので利益は増える。

増えると表現するよりも、
減ったままではないと表現したほうがいいかもしれません。

もちろん、
その在庫は資産のままという訳ではありません。

売れたら、そこでまた

資産(在庫)

経費(仕入れ)

に変身する。

この変身は、

売れたか・売れていないか

によって決まるもので、
勝手に決めていいものではありません。

まとめ

棚卸資産

商品をいくら仕入れても経費にならない理由

年度末にいくら商品を仕入れても、
売れなければ経費にはなりません。

売れてない商品は、

経費(仕入れ)

資産(在庫)

に変身します。

ただ、この話の一番の問題点。

実は、いくら商品を仕入れても、
売れなければ経費にならないというところにはありません。

「何だか知らないが、利益が出てるみたいだぞ」

の「何だか知らないが」の部分。

そこに問題の本質があります。

その要因をはっきりさせ、そうなるだけの理由を把握し、
できる対策をとっておく。

その必要がありますね。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、たまたま仕事が休みだったパートナーとランチ。年に1回あるかないかの機会。大事です(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ