スモールだからこそ自分(たち)らしく:あるべき姿に縛られない

あるべき姿に縛られる必要はありません。

スモールビジネス

フリーランス、家族経営、個人事業、小規模な会社…

そういった形態をとっている事業は、
いわゆる「スモールビジネス」と呼ばれています。

個人的には、

・小商い

・小規模

・零細

・ひとり

の事業を「スモールビジネス」としていますが、
その定義については、定まったものがある訳ではありません。

あえていうなら、

スモールを選んでいる

そういったビジネスが
スモールビジネスだと定義できます。

あるべき姿

事業をしていると、

求めてしまうもの。

あるいは、

求められてしまうもの。

それは、

あるべき姿

です。

・事業所があるべき

・工場や倉庫があるべき

・社用車があるべき

・人を雇うべき

・借入をするべき

・規模を拡大するべき

そういった

あるべき姿(と言われているようなもの)

は、
たとえ自分が意識していなくても、
求めたり、求められたりするものです。

「持たない」経営

事業を始めるにあたっては、
できるだけ「持たない」経営をおススメしています。

これは、所有という意味での「持たない」ではなく、
あるべき姿を「持たない」という意味での「持たない」です。

持つこと自体を、
否定している訳ではありません。

一定の投資は、
事業を続けていくための必須条件です(私も投資はし続けています)。

大事なのは、

・必要だから持つのか

・あるべき姿だから持つのか

その違いを知り、持つときに意識する。

その視点を忘れないようにすることです。

まとめ

スモールだからこそ自分(たち)らしく。

あるべき姿に縛られない。

この「あるべき姿」

税理士事務所なら、

・たくさん顧問先を持たなければいけない

・何人か事務員さんを雇わなければいけない

・見栄えのいい事務所を用意しなければいけない

・高価なシステムを導入しなければいけない

・所長はちょっといい車に乗らなければいけない

そういったことになるでしょう。

私は、選ばない道です。

 

 

◉編集後記◉

昨日は夜からすごい雷雨で、子供たちのサッカーも途中終了に。今朝はすっかり晴れて気持ちのいい天気になりました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ