似て非なるもの:通勤手当と旅費交通費の違いを意識して節税を

4A123DFE-D687-4013-8131-AC1CF1164208

通勤手当と旅費交通費、同じように見えますが、その内容は違います。今回は、この通勤手当と旅費交通費の混同しやすい点と、きちんと管理することで節税になるポイントについてです。

通勤手当とは

通勤手当とは、通勤に対して支払われる手当です。通常の勤務をするために定められた勤務地に、自宅から通う。この費用の対価として支払われるものです。
交通機関を利用して通勤している人は、その交通機関を利用することによってかかる費用をいいます。自転車や自動車などの交通用具を使用して通勤している人は、その交通用具を使用することによってかかる費用をいいます。なお、交通用具を利用する場合にかかる有料道路などの費用がある場合は、それも含まれます。

旅費交通費とは

旅費交通費とは、職務上の旅行に必要な交通費・宿泊費・日当及び転勤、就職、退職に伴い必要な交通費・宿泊費・運賃等をいいます。
会社の業務上の命令で、通常の勤務地から命ぜられた勤務地へ向かう。この費用の対価として支払われるものです。遠隔地である場合が多く、交通費の他に宿泊費・日当などが支払われます。

その違いは

会社の経費になるという点では、通勤手当も旅費交通費も同じです。
その違いはというと、所得税においてです。従業員が対価としてもらった通勤手当は原則が所得税課税、旅費交通費は非課税という違いがあります。
もちろん、その内容が通常必要であると認められるものでなければいけませんので、規程の整備・書類の保管などはきちんとしておかなければいけません。これは会社の経費にするにも、所得税においても同じです。

非課税をうまく使おう

前段の通勤手当は原則が所得税課税という記述を見て「え?でも通勤手当は非課税でしょ?」と思われた方、その通りです。
ただそれは正確にいうと、通勤手当のうち定められた部分が非課税です。非課税となる部分は通勤距離や限度額などで定められていますので、それを超える部分は課税になります。
ポイントは、通勤手当は定められた部分しか非課税にならないけれど、旅費交通費は全額が非課税になるというところです。
通勤手当と旅費交通費を混同して、出張旅費も通勤手当として給与の中で支給してはいませんか。きちんと分けて管理・支給することで、従業員さんの所得税の負担を軽くしてあげることができるかもしれません。

まとめ

通勤手当と旅費交通費の違いを意識することで、節税できることがあります。ただ、ベースにあるのは、それが通勤手当なのか、旅費交通費なのか、きちんと管理できる体制があることです。
規程の整備や、旅費発生時の手続きフローを社内で確認するなどの作業が必要になります。何もない場合ちょっと大変かもしれませんが、取り組む価値はあります。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ