相続税対策だけじゃない:死亡保険は相続発生後の預金として使う

死亡保険は、相続発生後の預金として使えます。

死亡保険

死亡保険(生命保険)は、
亡くなったときに、お金が受け取れる保険です。

ただ、契約の仕方によっては、
その取り扱いが違うため注意が必要です。

ここでは、

・契約者(保険料負担者)=被相続人(亡くなられた方=わたす人)

・被保険者=被相続人(亡くなられた方=わたす人)

・受取人=相続人(もらう人)

という契約であることをもとに、話をすすめています。

この死亡保険。

亡くなったときに、お金が受け取れるという特徴から、
得てして、マイナスのイメージになってしまいがちです。

ただ、相続税対策として有利なところや、
財産を残すという目的から、こういった使い方をすることもできます。

相続税対策

相続税対策に、死亡保険は有利です。

その理由が、非課税枠。

500万円☓法定相続人の数

という枠が設けられています。

例えば、

法定相続人が配偶者、子ども2人の合計3人である場合は、

500万円☓3=1,500万円

死亡保険金からこの非課税枠を除いたものが、
相続財産として課税される分です。

必然的に手元に残るお金が多くなりますので、
この非課税枠を使わない手はありません。

相続発生後の預金として使う

また、死亡保険の特徴として

・受取人を指定することができる

・法定相続分とは別扱いになる

というものがあります。

死亡保険金は、本来、受取人固有の財産です。

計算上、相続財産とみなしているだけで、
相続人みんなで話し合って取り分を決めなければいけない相続財産には含まれません。

つまり、死亡保険の受取人を指定することは、
わたしたい人に預金をわたすのと同じ効果があります。

さらに、話の流れから

受取人=相続人(もらう人)

としていますが、これを

受取人=相続人以外の人(もらう人)

とすることもできます。

相続人以外の人にでも、預金をわたすことができる訳です。

まとめ

相続税対策だけじゃない。

死亡保険は相続発生後の預金として使う。

死亡保険を使えば、

わたしたい人に預金をわたす

ことが可能になります。

お金をわたしたい人に、わたせない。

そう思ったときは、
死亡保険を活用するのもひとつです。

ただ、死亡保険の注意点として、

原則、受取人の名義は絶対

というものがあります。

これによって、

以前は、わたしたいと思っていたけど、
もう、わたしたくないなと思っている人

にも、お金がわたる可能性があります。

何らかの事情で、受取人を変更したいというときは、
早めに処理をしておいたほうがいいですね。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、お隣の岡山県津山市へ。お役所まわりなど諸用をこなして帰ってきました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ