Googleアカウントの復旧まで4日:たよりすぎずにリスクを減らす

Googleアカウントが4日使えないという事態になってしまいました。

Googleアカウント

Googleアカウントは、
Googleが提供するサービスである

・Gmail

・Googleドライブ

・カレンダー

・フォト

・Map

・アナリティクス(Web分析ツール)

などを利用するときに
必要になるアカウントです。

プライベートでも仕事でも
欠かせないこのGoogleアカウント。

先日、パスワードの変更手続きをしていて、
困ったことになってしまいました…^^;

復旧まで4日

定期的にしているパスワード変更。

ルーティンになっているという油断もあり、
変更したパスワードがわからなくなってしまうという事態に。

・ω・えっ?

こんな感じになりました。

登録してある設定用電話番号などで、
即座に復旧を試みましたが、それでも本人確認ができないとのこと。

こうなると、
再設定のリスエストをして、待つしかありません。

そのリクエストへのGoogleからの返信があったのが4日後

正確には3日と10時間後(個人差があると思います)でしたが、
その時間は、すごく長く感じました。

たよりすぎずにリスクを減らす

今回は、私の不注意が一番の原因なのですが、
どんなに注意しても、人間なのでミスがなくなるということはありません。

これについては、

そのときどうするか?

というのも大事ですが、普段から、

・ひとつの手段にたよりすぎない

・別の道を用意しておく

ということも大事です。

今回も、メインで使用しているアドレスは、
Gmailとは切り離していたため、最低限の連絡等に支障はありませんでした。

多少面倒でも、
それが結果的にリスクを減らすことにつながります。

まとめ

Googleアカウントの復旧まで4日。

たよりすぎずにリスクを減らす。

どのようなことにも完ぺきはなく、
どこにでも落とし穴はあります。

そのためにも、

・ひとつの手段に頼りすぎない

・別の道も用意しておく

再設定がスムーズにできるような設定・登録を、
きちんとしておくことも、
事が起こったときのリスクヘッジになります。

とても良い経験になりました。

すごく焦りましたが^^;

 

 

◉編集後記◉

昨日から、長男が野外学習(お泊りあり)で不在。やっぱり兄がいないと寂しい様子の次男でした。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ