子供がいなくても受けられます:寡婦控除の要件を確認しておきましょう

スクリーンショット 2015-08-15 5.00.04

寡婦控除は、夫と死別又は離婚後、婚姻をしていない女性が、一定の要件を満たせば受けられるものです。この寡婦控除、子供がいないと受けられないというイメージがあるのですが、そうではありません。

寡婦控除とは

寡婦控除とは、女性の納税者が、所得税法上の寡婦に当てはまる場合に受けられる所得控除です。特定の寡婦に該当すれば、寡婦控除よりもさらに大きい控除が受けられます。

寡婦の要件
(1)夫と死別し、若しくは離婚した後婚姻をしていない、又は夫の生死が明らかでない→扶養親族又は生計を一にする子がいる
(2)夫と死別した後婚姻をしていない又は夫の生死が明らかでない→合計所得金額が500万円以下

特定の寡婦の要件
夫と死別し又は離婚した後婚姻をしていない、夫の生死が明らかでない→扶養親族である子がいる→合計所得金額が500万円以下

要件を整理すると

子供がいないと受けられないのは、特定の寡婦の控除です。

寡婦控除は、だんなさんが亡くなっている場合は、扶養親族の要件がありませんので、受けられます。また、離婚の場合であっても、扶養親族がいれば受けられます。

この扶養親族には、その人のお父さんやお母さんも含まれます。

子供がいなくても、離婚して実家に戻り、お父さんやお母さんと暮らしている。お父さんやお母さんは、すでに仕事を辞められていて、所得が低いという状況はありえるのではないでしょうか。

寡夫は違います

ただ、これが男性になると違ってきます。寡夫控除における寡夫の要件は、下記のようになります。

寡夫の要件
合計所得金額が500万円以下→妻と死別、離婚した後婚姻をしていない又は妻の生死が明らかでない→生計を一にする子がいる

これだけです。特定の寡夫というものは元々ありませんし、死別でも、扶養親族がいても、子供がいなければ控除を受けることができません。

やや男女差別?な感じもありますが、このような規定になっています。

まとめ

寡婦控除は、子供がいるから受けられるという思い込みをしてしまいがちです。勘違いされている給与担当者の方もおられますので、納税者本人も知識として持っておくとよいでしょう。

ただし、正確には扶養親族の所得金額の要件などがありますので、そちらの要件の確認も必要です。

 

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ