よく耳にする36(サブロク)協定って?:36(サブロク)協定の概要を知る

雇用について考えるときによく耳にする、36(サブロク)協定ってどんなものなのでしょうか。

残業と時間外労働

36(サブロク)協定について知る前に、

まずは

・残業

・時間外労働

この2つの違いを、
知っておかなければいけません。

残業とは、一般的に、

就業規則に定めている所定の労働時間を超える労働時間

を言います。

勤務時間は、◯:◯◯〜◯:◯◯と決められている場合に、
残業は単純にそれを超える労働時間の全部を意味しています。

一方で時間外労働は、

法律で定められた労働時間(法定労働時間)を超える労働

を言います。

ですので、この2つには、

・一般的なとらえ方

・法律で定められた考え方

という根本的な違いがあります。

1日8時間、週40時間

残業と時間外労働

2つの違いを知ったうえで、

具体的に時間外労働は、

法定労働時間(1日8時間、1週40時間)を超える労働

とされています。

この時間外労働をさせる場合は、
使用者(雇う側)と労働者(雇われる側)との間にそういった約束が必要になる。

その約束(協定)が、

36(サブロク)協定

と言われるものです。

労働基準法36条に定められている

ここで、

なぜ36(サブロク)なのか?

と言うと、

その規程が労働基準法36条に定められている

という理由からです。

法律が書かれている
条文番号からきているんですね。

この36という数字にひっぱられて、
法定労働時間の

1日8時間、1週40時間

を勘違いして憶えてしまうこともありますので、
少しだけ注意が必要です。

まとめ

よく耳にする36(サブロク)協定って?

36(サブロク)協定の概要を知る。

36(サブロク)協定について知るには、

残業と時間外労働

まずは、この2つの違いを知ることからはじめると
理解しやすいかもしれません。

※この記事は、36(サブロク)協定についての概要を簡単に説明したものです。詳細については、36(サブロク)協定に関するリーフレット(厚生労働省)❒などをご確認ください。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、朝から自治会の廃品回収。世帯数が減少しているため、大忙しです。夕方に子供たちからカードゲームのレクチャーを受けてみましたが、ルールが複雑すぎてよくわからんことに。すごいのやってるな〜^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ