タフな人になりたい:タフであり続けるために必要なこと

タフであり続けるために必要なことです。

タフでありたい

タフでありたい

そう思っています。

・新しい知識や見識に貪欲になる

・どんな状況にも冷静に対応する

・疲れは見せず、任された仕事をやり遂げる

仕事においてタフであることはもちろん、

・学校行事に参加する

・家事をさぼらない

・子供たちと遊ぶ

プライベートにおいても、
タフであることは求められます。

ずっとタフでいられる?

でも、
ずっとタフでいられますか?

疲れたなということは、
自分の意思とは関係なく、
思いのほか唐突にやってきます。

そのときは、
がんばれば何とかなるのかもしれません。

ただ、
がんばれば何とかなるにも、
限界があるでしょう。

その限界は、
意外と近くにあるものです。

それでも、
タフでありたい。

タフであり続けたい。

タフであり続けるためには、
こういったことも必要です。

意図的に休む

タフであるために、
休むことさえしっかりとやり遂げます。

考えられることとしては、

休む予定を入れてしまう

ということ。

例えば、

・フェスやイベントの申込みをする

・ホテルや旅館の予約をする

・映画やコンサートのチケットを購入する

そうやって、休むことを決め、
予定を入れてしまうことで、休むことをやり遂げることができます。

まとめ

タフな人になりたい。

タフであり続けるために必要なこと。

タフであり続けるためには、
休むことも必要です。

しっかりと休むために、
休むことも予定してみましょう。

タフな人であり続けるためには、
休むことにもタフにならなければいけません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は研修のため、お隣の鳥取県倉吉市へ。中国山地の山の中を突っ切って行きます。その道がすごく好きで、次回は自転車で行こうかなと思ってます←結構本気(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ