2018(平成30)年分以降の所得税から:配偶者控除・配偶者特別控除の見直し

2018(平成30)年分以降の所得税から、配偶者控除・配偶者特別控除が見直しされています。

配偶者控除・配偶者特別控除の見直し

平成29年税制改正によって、配偶者控除・配偶者特別控除の見直しが行われています。

今回の見直しでは、配偶者特別控除は拡大されたのですが、一方で納税者(配偶者控除・配偶者特別控除を受けるほうの人)には制限がかかっているような状態です。

 

財務省HP『平成29年度税制改正の解説』❒より抜粋。

これについては、いいのか悪いのかわからないという見かたもあります。

ただ、大部分の方については、給与収入でいうと103万円と同じ金額だけの控除が、150万円まで受けられるようになりますので、一定の効果はあるでしょう。

2018(平成30)年分以降の所得税から

前述した配偶者控除・配偶者特別控除の見直し。

適用になるのは、

2018(平成30)年分以降の所得税から

です。

今年(2017(平成29)年)は、従前どおりですので

150万、150万

と思わないよう、年末に向け少しだけ注意が必要です。

ちなみに個人住民税への適用は、1年遅れ。

2019(平成31)年度分からの適用になります。

制度に振り回されない

2018(平成30)年分以降の所得税から
適用になる配偶者控除・配偶者特別控除。

正直、初見では理解が難しく、
制度がより複雑になってしまった感じがします。

なんとなく得するような感じはしますが、
明確にインセンティブが働くかというと疑問が残るところです。

そもそも、どのように制度が変わろうとも、
どのような働き方をしたいかということに影響はないはずです。

制度には、
振り回されないようにしなければいけませんね。

まとめ

平成30年分以降の所得税から。

配偶者控除・配偶者特別控除の見直し。

改正を重ねるにつれ、
関係する制度が複雑になっていく印象です。

制度には振り回されず、

どのような働き方をしたいか?

しっかり考えておくことが、
ますます大事になってきますね。

 

 

◉編集後記◉

ハリー・ポッターの映画をひとりで観ていた次男。途中、内容が怖くなって、リビングで仕事をしてくれと…まあ、かわいいですが^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ