相続が発生しても:相続税が発生するとは限らない

相続税は、相続が発生すれば必ず発生する。そういうものではありません。

相続が発生

人が亡くなると、相続が発生します。

相続とは、

亡くなった人の

・財産

・それに属する一切の権利・義務

を引き継ぐこと。

人が亡くなり、財産があれば、
そこには大なり小なり必ず相続が発生します。

相続税は?

では、相続税はどうなのでしょうか。

相続が発生したら

相続税も発生する

という訳ではありません。

相続税には、基礎控除額があり、
この基礎控除額以下であれば、相続税は発生しません。

つまり、

税金の対象になる財産の合計額から、
基礎控除額を差し引いて残った金額があれば、相続税が発生する。

そういった仕組みになっています。

すべての人に相続税が発生するというものではありません。

相続税の申告要否判定コーナー

基礎控除額は、

3,000万円+600万円☓法定相続人の数

で計算します。

相続税について考えるときは、
まずはこの基礎控除額をチェックしておきましょう。

実際には、
税金の対象になる財産の合計額がわからなければ、
相続税が発生するかどうかの計算はできません。

ただ、基礎控除額を知っておくだけでも、
相続税が発生するかどうかの目安になります。

この計算には、
国税庁HP❒の『相続税の申告要否判定コーナー』を利用すると便利です。

まとめ

相続が発生しても、相続税が発生するとは限らない。

相続税は、

税金の対象になる財産の合計額が基礎控除額以下

であれば発生しません。

相続が発生したら

相続税が発生する

という思考にはならなくても大丈夫です。

ただ、税金の対象になる財産が、
どのくらいあるかを把握することは、容易ではありません。

その金額を、
ある程度の精度で求めようとするとなおさらです。

その場合は、
基礎控除額だけでもチェックしてみましょう。

基礎控除額は、
国税庁HP『相続税の申告要否判定コーナー』❒
で簡単に計算することができます。

 

 

◉編集後記◉

ツール・ド・フランスが終了し、少し寂しい日々。次はブエルタ・ア・エスパーニャです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ