何で自転車に乗っているの?:乗っていると無になれる時間がある

最初はごちゃごちゃと考えているのですが…

何で自転車に乗っているの?

何で自転車に乗っているの?

と聞かれたら、

無になれる時間があるから

とお答えしています。

他にも、

・体力がつく

・管理能力が上がる

・仲間ができる

などの理由もあります。

それでも重要なのが、

無になれる時間

を作れること。

私にとって
すごく貴重な時間です。

頭から離れない

・仕事のこと

・家庭のこと

・タスクやスケジュール

そういったことは日常、
頭から離れることはありません。

常に考えている

というよりは、

何となく考えてしまっている

という状態です。

それをあきらめて受け入れるという方法もありますが、
少し抵抗する時間も持ちたい(^^)

それが、自転車に乗っている時間です。

無になれる時間

無になれる時間は、

・意識していても

・逆に意識しすぎていても

とれない時間です。

慌ただしい日常生活の中で、
何も考えていない無の時間は、ほとんどありません。

無になれる時間は、
私にとってすごく重要な時間です。

無というと、内に向かっているイメージですが、
私の場合は逆で、無であることは、外に解放される感じ。

すべてをいったん切り離し、
自分がフラットになれる状態です。

まとめ

何で自転車に乗っているの?

乗っていると無になれる時間がある。

日常生活の中で、
無になれる瞬間は貴重です。

そういった時間を、
意図して作れるところが、自転車に乗っている理由です。

これは、自転車に限らず、
体を動かすもの全般にいえることかもしれませんね。

動きましょう。無になるまで。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、毎年行っている花火大会に。挽きたての豆でハンドドリップしたコーヒーが飲めました。そんな花火大会、そうそうないです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ