MacBookのトラックパッド:クリックできないときの対処法

MacBookのトラックパッドがクリックできないときのとりあえずの対処法です。

クリックできない

私が仕事で使用している
MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)
の気に入って使っているところのひとつ。

それが、トラックパッドです。

トラックパッドは、主だったノートPCに搭載されている
キーボード手前にあるタッチパッドと同じようなもの。

いわゆるポインティング・デバイスと呼ばれるものです。

このトラックパッドが使いやすく、
MacBookを感覚的に操作できる決め手になっています。

ただ先日、
このトラックパッドが、

クリックできない

という現象が起きてしまいました。

SMCのリセット

指を当ててポイントを動かすことはできるのですが、
クリックする(トラックパッドを押す)感覚がないという状態です。

これはマズいぞということで、
検索してみると、一番有効な方法が

SMCのリセット

という方法とのことだったので、
やってみることに。

SMCのリセットは、

・電源が入らない

・スリープが解除されない

などMacのシステム管理に、
何らかの不具合が出たときに試してみると良い方法です。

実際に試してみると、元のように
クリックできるようになりました。

具体的な方法は、次のとおりです。

具体的な方法

具体的な方法は、3ステップです。

※クリックはできなくても、
トラックパッドの反応はあるという前提での手順です。

【1】まずは

MacBookの電源を切ります。

左上のりんごマークからシステム終了。

【2】次に

control+shift+option(alt)の3つのキー(3つのキーはキーボード左に固まっています)

キーボード右上の電源ボタン

を同時押し。

押したことによる反応は、特にありません。

私は5秒ほど押してみました。

【3】最後に

再度【2】で押した電源ボタンを押して、あらためてMacBookを起動。

トラックパッドが通常通り使えたら、復帰しています。

まとめ

MacBookのトラックパッド
クリックできないときの対処法。

SMCのリセット

という方法を試してみると、
復帰する可能性は高いです。

ただ、
PCも消耗品であるということを
あらためて認識させてくれた出来事でした。

ですので、とりあえずの対処法。

PCについては、やはり
定期的な入替えを検討しなければいけませんね。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、子供たちのサッカーの試合。じりじりと焼け付くような日差しの中でしたが、頑張りました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ