資料のとっつきやすさは大事だけど:安っぽさとのバランスも

とっつきやすさは大事ですが。

海外安全対策マニュアル

外務省が出している

中小企業向け海外安全対策マニュアル

その名のとおり、
企業が海外で活動する際の基本的な心構えや、
情報収集することの大切さをアナウンスしているものです。

外務省:ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル❒

ただ、今までのものと違うのは、

「ゴルゴ13の」

という冠がついているところです。

とっつきやすさ

とっつきやすさは、すごく大事です。

どんなに有用な情報でも、
まずは興味を持ってもらい、
見てもらわなければ意味がありません。

ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル

も「ゴルゴ13の」と銘打っているだけあって、
基本的には全編がマンガで構成されています。

マンガ※でわかりやすく描くことで、
とっつきやすさを大事にしているということですね。

※マンガだけでなく、テキストでの補足説明や報告書も掲載されています。

安っぽくもなる

ただ一方で、

内容が安っぽくなる

という側面も無視できません。

おそらく、
よくよく検討した結果の

デューク東郷(ゴルゴ13)

という選択だったのでしょう。

・キャラクター

・マンガが描かれている背景

・認知度

などを考えて、
これ以上ないくらいのはまり役です。

ただ、それでもやはり捉え方によっては、
緊急度や重要度という点で、
どうなんだというところが残ってしまいますね。

まとめ

資料のとっつきやすさは大事だけど、
安っぽさとのバランスも。

とっつきやすさは大事ですが、
そのために

肝心な事が伝わらない

となると本末転倒。

2つのバランスをとる必要がありますね。

資料づくりなどで、
気をつけている視点です。

注)該当マニュアルが安っぽいと言っている訳では決してありません。読んでおくべき価値のある資料です。私は全て読みました。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、午前中家事をしつつ、子供たちのポスター仕上げの見届け。なんとか完成しました(^^)v


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ