ホテル探しは:取引コストを考えるよい機会になる

ホテル探しは、よい機会になります。

取引コスト

取引コストとは、

商品やサービス本体そのもの以外にかかるコスト

のことをいいます。

例えば、
スーパーマーケットの前に置いてある自動販売機。

スーパーマーケットでは、
店内にも同じジュースを置いてあることがほとんどです。

店内にあるもののほうが値段は安く、
自動販売機で買うと値段は高い。

それでも、スーパーマーケットの前に
自動販売機が置いてあるのには理由があります。

商品を買うという取引について、

スーパーでは

・店内に入る

・商品を探す

・レジに並ぶ

・お金を払う

・商品を受け取る

という取引コストがかかります。

それに対して、

自動販売機なら

・お金を払う

・商品を受け取る

というコストのみ。

取引コストは大幅に削減されます。

どちらを選ぶかは、

取引コストをどのように考えるか?

によって変わります。

ホテル探し

この取引コスト。

ホテル探しをする際も、
同じように発生します。

ホテル探しの場合、

大別すると

・目的地に近いけど値段が高い

・目的地に遠いけど値段が安い

の2つ。

どちらを選ぶかは、
取引コストが大きく係わってきます。

さてどちらにする?

・目的地に近いけど値段が高いホテル

・目的地に遠いけど値段が安いホテル

ポイントは、
達成したい目的の重要度にあります。

目的が、

・大切な試験や重要な商談

・イベント参加や観光

とでは、
その重要度は変わりますね。

値段で迷ったら、
目的と取引コストを合わせて考えてみましょう。

まとめ

ホテル探しは、
取引コストを考えるよい機会になる。

値段で迷ったら、
取引コストを考えてみるといいかもしれません。

多少の金額差で、
目的が確実に達成できるなら安いものです。

ただこれは、ホテルのサービスが、
同質のサービスであることを前提としています。

魅力的なホテルは、
取引コストをふっとばす力を持っていることも
無視できませんね。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、子供たちとサイクリングと言ってもスパルタなので40km超(^^)。帰路でパンクが発生し、ちょっと苦労しました^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ