どんな結果になったとしても:それはそれで夏の思い出

ちょっとだけ苦い夏の思い出に。

サイクリング

夏休みも終盤戦。

子供たちとサイクリングに出かけました。

サイクリング

と言っても、
設定したコースは40km。

まあまあの距離です。

この距離には、

いつもより少し頑張ってみる経験をする

という意味合いもあります。

トラブル発生

快調なすべり出しをみせたサイクリング。

子供たちもとても楽しんでいるようでした。

が…

帰路について1/3を過ぎたところで、

子供のタイヤがパンクする

というトラブルが発生。

仕方なく助けを呼び、
助けが来るまで自転車を降り、押して進むという展開になりました。

子供たちにも
かなり疲れの色が見えます^^;

いい思い出になる

トラブル発生で助けを呼ぶ

という結果に終わってしまったサイクリング。

それでも、そんな経験ができるのも、
夏休みならではのことかもしれません。

また、
トラブルに合った時に、

・どんな対応をすればいいのか

・どのような準備をしておけばよかったのか

子供に見せる

そういった機会にもなりました。

ただ今回は、

修理キットを持って行っていない

という私の甘さが露呈する結果となってしまいましたが^^;

それはそれで、いい思い出です。

まとめ

どんな結果になったとしても。

それはそれで夏の思い出。

夏休みも、残すところあと少し
というところまで来ましたね。

どのようなことでもいいので、
夏の思い出をつくっておきましょう。

どんな思い出も、
いい思い出になることは保証します。

夏休みなんてもう終わったよ〜

という方もいらっしゃるかもしれませんが(^^)

 

 

◉編集後記◉

冬のオフシーズンに向けてZwift(ズイフト)を検討中。問題はローラーかな〜


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ