集めて飽きて忘れる:でも、もったいないは封印する

もったいないと言いたい気持ちは押さえています。

集めて飽きて忘れる

子供たちの遊びは、

集めて

飽きて

忘れる

の連続です。

最近の我が家の「集めて飽きて忘れる」は、

カードゲーム

あんなに夢中だったのに、
近頃はやっているところを見かけることも少なくなり、
かなり下火になってきています。

そうなると、

たくさんあるあのカードどうするの?

という話になるのですが…

そーいえば

集めて飽きて忘れる。

そーいえば、
自分のときもそうでした。

多くの遊びを

集めて

飽きて

忘れてきた

という自負があります(^^)

もったいないは封印する

それでも今は親の立場。

そういった状況をみてまず思うのが、
「もったいない」です。

でも、

もったいない

って子供たちには響きません。

というのが、
自分たちはそれで楽しんだという自信があるからです。

親が言う物理的にもったいないは、
いくら聞かされても子供たちには理解できません。

それよりも、

・遊びについてのルールづくりをする

・片付けの習慣をつける

そういったことを考えるきっかけにすることに、
シフトしていったほうが有意義です。

まとめ

集めて飽きて忘れる。

でも、もったいないは封印する。

それでも、

捨てるだけ

ではちょっとくやしいので、

・ルールづくり

・片付けの習慣

そういったことに、
なるべく役立てられるようにしたいですね。

 

 

◉編集後記◉

朝夕がだんだんと過ごしやすくなってきました。朝の冷たい風が気持ちいいです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ