2017(平成29)年4月1日から:特定の増改築等に加えられた耐久性向上改修工事

特定の増改築等の工事に耐久性向上改修工事が加えられています。

住宅に係る所得税額の控除

家を新築したら所得税の控除がある

というのはよく知られているところ。

これは、

リフォームなど増改築等の工事

でも同じです。

ただ、こちらのほうは、
改正を追うごとに適用対象になる工事が増え、
制度が複雑化していっています。

2017(平成29)年4月1日から

2017(平成29)年4月1日から、
適用対象になる工事に「耐久性向上改修工事」が加えられました。

2017(平成29)年4月1日から2021(平成33)年3月31日までの間に、
自己の居住の用に供した場合に適用になります(その他要件があります)。

耐久性向上改修工事とは、次のような工事です

耐久性向上改修工事

耐久性向上改修工事は、以下のいずれかに該当する工事をいいます。

① 小屋裏の換気性を高める工事

イ 小屋裏の壁のうち屋外に面するものに換気口を取り付ける工事

ロ 軒裏に換気口を取り付ける工事

ハ 小屋裏の頂部に排気口を取り付ける工事

② 小屋裏の状態を確認するための点検口を天井等に取り付ける工事

③ 外壁を通気構造等とする工事

④ 浴室又は脱衣室の防水性を高める工事

イ 浴室を浴室ユニットとする工事

ロ 脱衣室の壁に防水上有効な仕上材を取り付ける工事

ハ 脱衣室の床に防水上有効な仕上材を取り付ける工事

⑤ 土台の防腐又は防蟻のために行う工事

イ 土台に防腐処理又は防蟻処理をする工事

ロ 土台に接する外壁の下端に水切りを取り付ける工事

⑥ 外壁の軸組等に防腐処理又は防蟻処理をする工事

⑦ 床下の防湿性を高める工事

イ 床下をコンクリートで覆う工事

ロ 床下を防湿フィルム等で覆う工事

⑧ 床下の状態を確認するための点検口を床に取り付ける工事

⑨ 雨どいを軒又は外壁に取り付ける工事

⑩ 地盤の防蟻のために行う工事

イ 防蟻に有効な土壌処理をする工事

ロ 地盤をコンクリートで覆う工事

⑪ 給水管、給湯管又は排水管の維持管理又は更新の容易性を高める工事

イ 給水管又は給湯管を維持管理上有効な位置に取り替える工事

ロ 排水管を維持管理上又は更新上有効なもの及び位置に取り替える工事

ハ 給水管、給湯管又は排水管の主要接合部等を点検し又は排水管を清掃するための開 口を床、壁又は天井に設ける工事

参考資料:【告示】耐久性向上改修工事の対象工事(平成29年国土交通省告示第279号)PDF❒

ポイントは

耐久性向上改修工事

ポイントは、

従前からある省エネ改修工事や耐震改修工事と併せて行う工事

が対象になるいうことです。

・借入金を有する場合のローン型

・借入金がなくても控除がとれる投資型

どちらの場合であっても、

併せて行う

という点がポイントになります。

まとめ

2017(平成29)年4月1日から

特定の増改築等に加えられた耐久性向上改修工事

ポイントは、

併せて行う

というところです。

制度が複雑化している
リフォームなど増改築等の工事に係る所得税額の控除。

該当する工事に心当たりがあれば、
まずは当たってみるといいかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

午前中から午後にかけミーティング。面白そうな企画にも乗っかってきました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ