ロードバイクで健康に?:ワタクシ的体が痛くなった順番

ロードバイクに乗り始めてから、体が痛くなった順番です。個人差があります。

ロードバイクで健康に?

自転車に乗って健康な体を維持する。

そういったひとつの流れが来ています。

私が住む岡山県真庭市でも、行政を含め、
自転車での健康づくりにかなりの力を入れています。

確かに自転車は、健康に相当程度寄与しますし、
根拠のあるデータがたくさん出ています。

ただ、ロードバイクには、
乗ると体が痛くなるという事実もあります。

体が痛くなった順番

【1】手首

今年(2017(平成29)年)の4月から本格的にロードバイクに乗りはじめ、
まずは、手首が痛くなりました。

通常の自転車とは異なったポジションで乗るロードバイク。

基本のポジションが前傾姿勢で乗るため、
どうしても体重は前掛かりになってきます。

すると、体重がかかってくる手首が痛くなるという訳です。

ただこれは、乗っているうちに段々と解消されてきます。

腹筋がつき、体幹が強くなってくるからです。

今は痛いと感じることはなくなりました。

【2】肘(ひじ)

これは、前述した手首が痛くなるというのが、
だんだんと上にあがってくることで起こります。

普段あまり肘に体重がかかるということはなく、
人によってはすごく違和感を感じることがあるかもしれません。

ただこれも、手首と同じ理由で解消されていきます。

【3】首と肩

痛いというよりだるい。

長い時間乗っていると特に感じることです。

これも、筋肉がつくことによる慣れで、
ある程度は解消されてきます。

姿勢を変えたり、
休憩中にストレッチしてやることでも対策ができます。

今はそれほど感じていません。

【4】お尻

現在、絶賛痛い中なのがお尻です。

ただ、お尻と言っても、自転車に乗りはじめた頃のように、
なんだかお尻全体が…という訳ではなく、
お尻全体の筋肉(大臀筋)の特定の部分が痛むという感じです。

乗っているうちに解消されていくのか、
それとも、サドルなどのツール対策をすべきか。

様子見の状態です。

体重は4kg減

体が痛くなった一方で、体重は4kg減りました。

元々の体重が多すぎ^^;というのもありますが、
今年(2017(平成29)年)の4月から5ヶ月間で4kgの減量です。

乗っている距離は、月によって差がありますが、
月間300kmから400km。

なかなかのペースではないでしょうか。

健康体重に近づいていっています。

まとめ

ロードバイクで健康に?

ワタクシ的体が痛くなった順番

まとめると、

ロードバイクに乗ったら、
体は痛くなることもあるけれど健康になるよ!

ということです(^^)

いずれにしても、無理をせず、
安全に、楽しみながら、自分に合った乗り方をしていくのが一番ですね。

 

 

◉編集後記◉

風が爽やか。自転車を乗るのにいい季節になってきました。汗だくになって坂を登るのも、それはそれで快感だったのですが(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ