いくらでも手段はある:でも、目的は見失わないように

いくらでも手段はありますが、目的を見失ってはいけません。

移動手段

移動手段というと、
どういったものを思いつくでしょうか。

・車

・電車

・バス

・タクシー

・徒歩

私の場合、

・自転車

というのも、
主要な移動手段のひとつです。

自転車という選択肢

子供たちのサッカーの試合が、
私が住む岡山県真庭市のお隣、岡山県新見市でありました。

会場までは、
移動距離が約45キロほどあります。

通常なら、車で移動するのですが、
今回は、少し事情があり、

子供とパートナーが先に会場へ

私が後から追いかける

という格好になりました。

そのため、
私のみ自転車で移動して合流
というかたちに。

本来、長距離移動なら、
自転車での移動は、選択肢にはありません。

ただ45キロ程の距離なら、
問題なく走ることができます。

そのため、
自転車も選択肢のひとつになりました。

手段は、
いくらでも増やすことができます。

目的を見失わない

考え方やアイデア次第で、
手段は、いくらでも増やすことができます。

ただ、

目的を見失わない

ようにだけはしなければいけません。

今回の場合であれば、

手段(自転車での移動)

にばかり目がいって、

目的(試合の応援をする)

を見失わないようにする
ということです。

いくら自転車という手段を持っていても、
応援する試合の開始時間に、間に合わなければ意味がありません。

まとめ

いくらでも手段はある。

でも、目的は見失わないように。

手段にばかり目がいって、
目的を見失うことがないようにしなければいけません。

ちなみに、今回の試合。

開始時間にはきちんと間に合いました(^^)

 

 

◉編集後記◉

昨日は、子供たちのリクエストで家族でボウリング。久々にやりましたが、子供にとってはなかなか良いスコア(130ほどですが)だったようで見せつけてやりました(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ