仕事中に音楽を流すだけで:本当に仕事に集中できてる?

私の事務所では、仕事中に音楽を流しています。

音楽を流す

日常生活で、

音楽が流れている

ということはよくあります。

スーパー、コンビニ、飲食店。

街に出ると、いつでも音楽が流れ、
音であふれている状態です。

そういった流れているという状態ではなく、
ここでは、能動的に音楽を流す場合をいいます。

流さなくてもいい音楽を、あえて流しているのは、
仕事に集中できると感じているからです。

本当に仕事に集中できてる?

ただ、音楽を流すだけで、
本当に仕事に集中できてるかというと実は微妙です。

音楽を流す

集中できてる

というよりも、

音楽を流す

集中するスイッチが入る

といったほうが、いいかもしれません。

音楽を流すから集中できるというよりも、
音楽を流すとそのスイッチが入るといった感じです。

最近のおススメは

最近は、こういったものをよく流しています。

季節は夏から秋へ移り変わっています。

音楽も季節に合わせて楽しみたいですね。

まとめ

仕事中に音楽を流すだけで、
本当に仕事に集中できてる?

私の場合、
ただ流すだけでは集中することはできません。

流すことでスイッチが入り、
その意識が高まるといった感じです。

また、

無音のほうが集中できる

というときも、もちろんあります。

そんな時は、無理して流すことはしません。

流さなくても、
耳を澄ませば自然の音楽が聞こえます。

今はまだセミの声がミンミンと。

これからは秋の虫がリンリンと鳴く季節です。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、研修のため広島へ。久々の再会付き。会えてよかったです。井ノ上陽一さんの新刊もしっかり購入して帰りました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ