Excelでセルに斜線を引くときは:図形の線を利用する

Excelでセルに斜線を引くときは、挿入→図形→線を使うと上手くいきます。

Excelでセルに斜線を引くとき

Excelでセルに斜線を引きたい

というときがあります。

・そのセルは使っていない

・そのセルには入力してほしくない

などなど、
意図的に斜線を引いておくという場合です。

そんなときには、

セルの書式設定([Ctrl]+[1])

から、

罫線→斜線を選び→引く

ということをよくやりますね。

挿入→図形→線

ただ、セルの書式設定から斜線を引く場合、

複数セルにまたがった斜線を引く

ということができません。

こういった場合に、

こうなっちゃうということですね。

セルの結合をして、ひとつの大きなセルにしてやれば、この問題は解決します。

でもそうしてしまうと、
結合することでセルの自由度が下がってしまうというのが難点。

それをクリアにするのが

挿入→図形→線

です。

挿入

図形

これなら簡単に、複数セルにまたがった斜線を引くことができます。

さらに[Alt]キーを使うと

ただ、これはこれで別の問題が^^;

それが、

直線が上手に引けない問題

です。

そこで、
さらにそれをクリアするために使うのが

[Alt]キー

です。

使い方は簡単。

斜線を引くときに、[Alt]キーを押しながら引く

これだけです。

[Alt]キーを押しながら目的のところまで線を引くと、Excelが誘導してくれます。

これなら上手に引けなくてイライラすることもありません。

もちろん、色などの設定は変えることができます。

まとめ

Excelでセルに斜線を引くときは、
図形の線を利用する。

特に、
複数セルにまたがった斜線を引く場合には、

・図形の線を利用して線を引く

・[Alt]を使うとまっすぐに引ける

使ってみるとストレスがひとつ減るかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、子供たちのサッカーの試合。今回は長男と次男、二会場に分かれての開催でした。私は長男のほう。パートナーが次男のほうに。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ