2017(平成29)年9月以降は18.3%で固定:厚生年金保険料率の引き上げが終了

先は長いなと思っていましたが。

厚生年金保険料率の引き上げ

給与からの引き去りをする社会保険料は、
通常、健康保険・介護保険・厚生年金保険の3つからなっています。

そのうち、厚生年金保険については、
2004(平成16)年からその料率が、
13年間にわたって段階的に引き上げられてきていました。

その引上げが、今年(2017(平成29)年)の9月を最後に終了します。

これにより、2017(平成29)年9月以降の厚生年金保険料率は、
18.3%で固定されることになりました。

2017(平成29)年9月以降は18.3%で固定

厚生年金保険料率は、下記のようような変遷を経て、現在の料率になっています。

厚生労働省報道発表資料『厚生年金保険料の引上げが終了しますPDF❒』より抜粋。

長い間、

ずっと上がり続けていた

ということですね。

ただ、

あまり意識していなかった

という方も、
一定数いらっしゃるのではないでしょうか。

それには、こういった理由があるからです。

引き上げは報酬月額の決定と同時

厚生年金保険料率の引き上げは、

算定基礎届によって届出た報酬月額の決定

と同じ、毎年9月のタイミングで行われていました。

そのため、
保険料率自体が上がっていることに、

気がついていなかった

もしくは、

そういったことがあることを忘れてしまっていた

という場合も、あるのではないでしょうか。

これによって、
これから起きやすい勘違いが、

もう上がらないはずの厚生年金保険が上がっている

という現象です。

その場合は、

そもそもの報酬月額の決定額が上がっている

可能性があります。

処理をするときは、
混同しないよう少し注意しておくといいかもしれません。

いずれにしても、給与計算時には、それぞれ確認が必要です。

給与計算ソフトなどを使用していれば、心配ないのかもしれませんが、
念のため、こちら全国健康保険協会HP:保険料額表❒からも、
確認しておくといいでしょう。

まとめ

2017(平成29)年9月以降は18.3%で固定。

厚生年金保険料率の引き上げが終了。

長い間続けられてきた厚生年金保険料率の引き上げが、ここで終了します。

給与計算をする際、または自身の給与明細を見る際は、
確認してみておくといいかもしれません。

※通常は、10月支給の給与から変更がかかります。また、18.3%は労使合わせた料率です。

 

 

◉編集後記◉

昨日は租税教室の資料づくり&年末までの予定確認などを事務所内で。暑いぐらいのいいお天気でした。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ