だからダメだと言わずに:お役に立てることを伝え選ばれる

だからダメなんですよと言わずにです。

だからダメ

色々な仕事のやり方・進め方があります。

税理士なら、

・ITを使わない

・経理は全部丸投げしてもらう

・目を通す気にもならないような分厚い資料を作る

・正しくはあるけれど役には立たない

そういった仕事のやり方・進め方には、

だからダメなんですよね〜

と思わず言ってしまいそうになります。

ただ、ダメなところを挙げることは、
誰にでもできることなんですよね。

お役に立てることを伝える

自分が、相手にとってどのような価値があるのか。

ダメなところを指摘するだけでは、足りません。

現状で取り組める改善点やすぐに効率化できることを考え、
自分ならどのようにお役に立てるかをお伝えする。

そうしてはじめて、相手の視界に入ることができます。

選ぶだけでなく選ばれるのも

経理にしろ、ITにしろ、
どういった仕事のやり方・進め方を選ぶのかは自由です。

さらに、
自分がそういったやり方・進め方を選ぶだけでなく、
相手にも、自分がおすすめするやり方・進め方を、
選んでいただくようにしなければいけません。

どんなにいい提案をしても、
そういった仕事のやり方・進め方が選ばれるかどうかは別の話です。

選ぶだけでなく、
選ばれるための準備もしておかなければいけません。

そのために、

ダメなところを指摘するだけではなく、
お役に立てることをお伝えすることを怠らない

常に心がけておかなければいけないことです。

まとめ

だからダメだと言わずに。

お役に立てることを伝え選ばれる。

自分が選ばれるためには、
ダメなところを指摘するだけでは足りず、
どのようにお役に立てるかをお伝えすることが欠かせません。

自分がいいと思った仕事のやり方・進め方を通すなら、
それを選ぶだけでなく、選ばれる準備もしておく必要があります。

 

 

◉編集後記◉

この天候なので、昨日は出かけたりせず家族で一日まったりと。そういった一日もいいものです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ