2019(平成31)年10月1日から:消費税の軽減税率をざっくりおさらい

2019(平成31)年10月1日から実施が予定されています。

消費税の軽減税率

消費税率が10%と8%になる。

少し遠い記憶になっているかもしれませんが、
この制度がなくなった訳ではありません。

消費税率の引き上げと同時に、
消費税の軽減税率制度が実施されます。

2019(平成31)年10月1日から

消費税の軽減税率は、

2019(平成31)年10月1日から

実施される予定です。

あと約2年で実施されることになりますね。

もともとの実施時期は、

2017(平成29)年4月1日から

でした。

そう考えると本来は、
実施から約半年を経ていることになります。

ちなみに、
インボイス方式の導入時期は、

2023(平成35)年10月1日から

になっています。

内容をざっくりおさらい

ざっくりおさらいすると

【実施時期】

2019(平成31)年10月1日から

【消費税率】

標準税率10%

軽減税率8%

【軽減税率の対象品目】

①酒類・外食を除く飲食料品

②週2回以上発行される新聞(定期購読)

【計算方法】

売上げ、仕入れの税率を区分して計算(経過措置として特例あり)

といったような内容になっています。

まとめ

2019(平成31)年10月1日から。

消費税の軽減税率をざっくりおさらい。

実施予定まで約2年(2017.9.19現在)

たとえ、

・飲食料品の売上がない

・免税事業者である

事業者の方であっても、

相手から税率を区分された請求書・領収書等を求められる

ということがあります。

それぞれの事業に合った対策が必要ですね。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、子供たちの運動会。台風一過の秋晴れの下、無事にとり行われました。よかったです(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ