消費税の軽減税率:軽減税率の対象になる品目って?

軽減税率の対象になる品目は、限定されているのですが…

消費税の軽減税率

標準税率は10%

軽減税率は8%

複数税率で消費税の軽減税率制度は実施されます。

そのため、当然ながら

10%のもの

8%のもの

を分けて認識しておかなければいけません。

軽減税率の対象になる品目

軽減税率の対象になる品目は、

・酒類、外食を除く飲食料品

・週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)

に限定されています。

ただ、対象に

・なりそうだけどならない

・ならなさそうだけどなる

というものもあり、
その判断を難しくさせています。

まずはイメージでとらえておく

軽減税率の

・対象になる品目

・対象にならない品目

については、
まずはイメージでとらえておくことが必要です。

『国税庁HP:よくわかる消費税軽減税率制度(平成29年7月)リーフレット❒』より

ここで言うと、

・オレンジの部分は対象になる

・白い部分は対象にならない

ということになります。

まずはイメージでおおまかにとらえ、
詳細は、

国税庁HP:消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)(平成28年4月)PDF❒

などで個別事例がないか確認してみるといいでしょう。

また、直接疑問点をぶつけてみたいという方は、

国税庁HP:消費税軽減税率電話相談センター(軽減コールセンター)❒

なども利用してみるといいかもしれません。

まとめ

消費税の軽減税率

軽減税率の対象になる品目って?

軽減税率の対象になる品目は、限定されています。

ただ、対象に

・なりそうだけどならない

・ならなさそうだけどなる

というものもあり、
その判断を難しくさせています。

そのため、

まずはイメージで

とらえてみておくといいかもしれません。

それぞれのシーンで判断していく際の手助けになります。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、振替休日で子供たちはお休み。運動会も終わり、今日からまた日常が戻ります。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ