名義株ってどんな株?:あれば整理しておくべき理由とは

名義株については、早めに整理しておくことをおすすめしています。

名義株とは

名義株(めいぎかぶ)とは、

会社の株主名簿上の名義

株式の実質上の所有者

が一致していない株式のことをいいます。

簡単に言うと、

会社の出資をするときに名前だけ借りた

というパターン。

こういった名義株はなぜあるのでしょうか。

なぜ名義株があるの?

主な理由としては、

設立時の発起人が必要だったから

というものがあります。

平成2年の商法改正前に設立された株式会社は、
設立にあたって最低7人の発起人が必要でした。

そのため、

お金は出すので名前だけ借してもらって会社を設立する

ということがよくあったようです。

その結果、

お金を出した人と株主名簿に記載されている人が違う

ということなり、
名義株が発生したという状況があります。

また、単純に

格好がつかないから

ということもあったようです。

株主が何人かいなければ、
会社としての格好がつかない

それだけの理由で、
名義株が発生してしまっているということもあるようですね。

いずれにしても、名前だけの名義株は、
こういった問題をはらんでいますので注意が必要です。

名義株の問題点

名義株の相続人から株主としての権利を主張される

名義株の所有者に相続が発生している場合、
その相続人から株主としての権利を主張される場合があります。

いくら名義株であったとしても、
株主名簿に記載されている限り、形式的には株主です。

相続人に対して、

・設立時の事情

・名義株となった経緯

などの説明されていない場合は、なおさらでしょう。

株主の所在がわからなくなってしまう

名義株の所有については、

昔の話だから忘れている

という場合だけでなく、

そもそも本人にその認識がない

という場合もあります。

認識がないため、所在も知らせない。

株主の所在がわからなくなってしまう可能性は十分にあります。

まとめ

名義株ってどんな株?

あれば整理しておくべき理由とは。

名義株には、

・名義株の相続人から株主としての権利を主張される

・株主の所在がわからなくなってしまう

などの問題点があります。

また、会社をM&A、廃業、解散・清算する場合にも、
名義株が障壁になることがあります。

そういった名義株に心当たりがあれば、
早めに整理しておくことをおすすめしています。

 

 

◉編集後記◉

『ひとり税理士のIT仕事術』の特典セミナーを視聴。いいヒントをもらいながら、事務所のシステム構築について再考しました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ