法定相続分と遺留分:円グラフで整理してみた

法定相続分と遺留分を円グラフを使って整理してみました。

法定相続分

法定相続分(ほうていそうぞくぶん)は、

民法で定められた各相続人の相続割合

のことをいいます。

相続人が、

どういう組み合わせになるか

によってその割合は決められていて、

例えば、
相続人が配偶者と子なら、

配偶者1/2

子1/2

といったような決め方がされています。

遺留分

相続人が配偶者、子、親である場合、
法定相続分とは別に、

民法で最低限保証された割合

というものがあります。

それが遺留分(いりゅうぶん)です。

前述した相続人は、自身の相続について、
その権利を侵害されたときに、この遺留分を主張することができます。

遺留分は原則、

法定相続割合の半分

になっています。

円グラフで整理

配偶者と子

【法定相続分】

【遺留分】

配偶者と親

【法定相続分】

【遺留分】

配偶者と兄弟姉妹

【法定相続分】

【遺留分】

まとめ

法定相続分と遺留分

円グラフで整理してみた。

法定相続分と遺留分の関係を、
円グラフで整理してみました。

配偶者と兄弟姉妹の円グラフの【遺留分】を見て、
あれっ?と思われた方。

そうです。

兄弟姉妹には【遺留分】が保証されていません。

こうやってビジュアル化して理解しておくと、
後々役に立つ場面が出てきますね。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、子供たちの学校開放日。いつでも誰でも参加可能な参観日のようなものです。それぞれがおススメしてくれた授業を見に行きました(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ