楽曲数が何百万という単位が:選んでいる基準になっているか

それで選んでいる訳ではありません。

数百万曲が…

月額◯◯円で聴き放題

という

定額制音楽配信サービス

日本でも2015年頃から各社の本格参入が始まり、
現在は、かなり定着してきた感があります。

数百万曲が聴き放題

というのは、やはり魅力がありますね。

ただ、私がこのサービスを選んでいる基準は、楽曲数ではありません。

選んでいるサービス

定額音楽配信サービスのうち、

どのサービスを選ぶべきか?

というのはわかりません。

それぞれ、無料の試用期間が設けられていますので、
試してみて、自分に合ったものを選ぶのが一番です。

その中でも私は、これを選んでいます。

Apple Music ❒

決め手になるもの

Apple Musicを選んでいるのは、
Macユーザーだからということもあります。

ただ、
やはり決め手になっているのは、

自分の好きな曲が聞けること

この1点です。

こういったものや

こういったものは、

他のサービスでは探しにくい。

だから選んでいます。

もちろん、

ずっと変わらずこのサービスを使い続けるのか?

と聞かれると、そういう訳ではありません。

ただ、選んでいる基準はあくまで

自分の好きな曲が聞けること

であって、

楽曲数の多さではない

そのことに変わりはありません。

まとめ

楽曲数が何百万という単位が、
選んでいる基準になっているか。

スモールビジネスなら、
総点数を多く揃えることは不可能です。

ただ、何かしらの商品・サービスを選ぶときに
何を基準に選んでいるかを考えてみると、

数ではない

ことは明らかです。

そのことを理解していなければ、
数に惑わされるということもあるでしょう。

数に惑わされないことは、
スモールビジネスを続けていくうえで大事なことです。

ただそれが、
目安になっているということはありますね。

わかりやすい目安で判断されない。

これも、
スモールビジネスを続けていくために必要なことです。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、今季初のお鍋。今年は例年よりも登場が少し早い気がします。これから春先までは相当な回数が登場しますよ〜(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ