やってみないとわからないを:なるべくなくす努力

やってみないとわからないことをやるためには、わからないことをなるべくなくす努力も欠かせません。

やってみないとわからない

やってみないとわからない。

そういったことが、
世の中にはたくさんあります。

特に、

・新しいもの

・経験したことがないもの

・今までの常識から外れていること

に触れようとすると、

途端に

やってみないとわからない

ことになります。

なるべくなくす努力

この

やってみないとわからない

こと。

なるべくなくす努力をしています。

特に、新しいものをクライアントさんに導入していただくときなどは、
このなるべくなくす努力が欠かせません。

・メリットだけでなくデメリットもあること

・そのうえで上回るメリットがあること

・今やりたいことに合っていること

・将来的にも柔軟性があること

新しいものがすべて良いという訳ではありません。

新しいからやるのではなく、
そういったやり方を選んでいただく。

最初から、良いか悪いかわからないけど、
とりあえずやってみましょうでは上手くいきません。

それでもやってみないとわからない

やってみないとわからないことをやるためには、
やってみないとわからないことをなるべくなくす努力をする。

ただ、

とりあえずやってみましょう

ということも無くなることはありません。

それでもやってみないとわからない。

そういったことが数多くあるというのが現実です。

ただここで大事なのが、

やってみないとわからないこと

やりながら考えること

は、違うということを知っておくことです。

どのようなことにでも、
予測不能なことがあり、やってみて失敗したなということは出てきます。

それをどう考えるか。

最初から、わかっていることばかりではありません。

やってみないとわからなかったで終わらせるのではなく、
そこでどう対応するか。

やりながら考えることが大事ですね。

まとめ

やってみないとわからないを
なるべくなくす努力

世の中は、やってみないとわからないことだらけです。

やってみないとわからないことをやるためには、
やってみないとわからないことをなるべくなくす努力が欠かせません。

でも、だからこそ、やってみないとわからない。

やりながら考える力が大事になってくるということですね。

 

 

◉編集後記◉

来週のファンライド鏡野(という自転車のイベント。120km走ります)に向けて…と思っていたら、今週はあまり天候がよくない日が続いてますね^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ