コピー用紙の注文を:忘れるぐらいにはペーパーレス

疑問があれば、できるところからやってみるのが大事です。

ペーパーレス

ペーパーレスとは、

書類をデータ化してやり取りし、紙を使用しないこと

を言います。

ペーパーレスを進めることによって、

・効率化

・節約

・環境への配慮

などを図ることができますね。

私の事務所でもできるだけ、

ペーパーレスでできることは、ペーパーレスで

と考えています。

コピー用紙の注文を

ペーパーレスについては、

完ぺきに

やろうと思っても、
できないというのが現状です。

どうしても紙ではないと…

という部分もまだまだ残っているからです。

税務署に提出する申告書についても、

紙ではないとダメです

というものがあり、
現状ではできないもの、
しばらくはできそうにないものがあります。

ただ、かなりの部分を、

ペーパーレス化できる

という実感はあります。

今のところは、コピー用紙の注文を、
いつしたっけ?と忘れるぐらいにはペーパーレスです。

できるところからやってみる

事務系の職種において、紙を使うことは常識です。

・書類

・資料

・メモ

などなど、

まずは紙で対応する

ということがほとんどでしょう。

ただ、

本当に紙じゃないとダメなんでしょうか。

今までの常識を疑問に思い、できるところからやってみること。

これが、ペーパーレスの第一歩です。

FAXを送信するために、

書類を印刷して

FAXして

できたら捨てる。

こういったことはやはり、
疑問に思わなければいけません。

まとめ

コピー用紙の注文を
忘れるぐらいにはペーパーレス。

ペーパーレスを強力に推し進めている訳ではありません。

ただ、

今までの常識を疑問に思い、
できるところからやってみること。

やり方を工夫することは、バックオフィスだけでなく、
本業の方にもいい影響があります。

 

 

◉編集後記◉

昨日はお隣の町、岡山県津山市で打ち合わせ。週末の雨がいよいよ心配になってきました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ