セルフメディケーション税制における:一定の取り組みとは?

一定の取り組みが必要です。

セルフメディケーション税制

平成29年1月1日から、

特定一般用医薬品等購入費を支払ったときの医療費控除の特例

いわゆる

セルフメディケーション税制

がはじまっています。

自分や自分と生計を一にする配偶者その他の親族のために、

特定一般用医薬品等(いわゆるOTC医薬品)を購入した場合には、

一定の所得控除(医療費控除)を受けることができる。

セルフメディケーション税制による医療費控除の金額は、

保険金などで補填される部分を除き、
実際に支払った特定一般用医薬品等購入費の合計額から

12,000円を差し引いた金額(最高88,000円)

になりますので、人によっては、

従来の医療費控除よりも有利になる

という場合もありますね。

※従来の医療費控除との重複適用はできません。

一定の取り組み

OTC医薬品でも医療費控除の対象になる
セルフメディケーション税制。

適用を受けるための要件が、もうひとつあります。

それが、

健康の保持増進及び疾病の予防への取組(一定の取り組み)

です。

平成29年分の確定申告でいうと、
平成29年中に、この一定の取り組みを行なっていなければいけません。

一定の取り組みについては、
具体的には、こういったものが挙げられています。

【1】保険者(健康保険組合、市区町村国保等)が実施する健康診査(人間ドッグ、各種健(検)診等)

【2】市区町村が健康増進事業として行う健康診査(生活保護受給者等を対象とする健康診査)

【3】予防接種(定期接種、インフルエンザワクチンの予防接種)

【4】勤務先で実施する定期健康診断(事業主検診)

【5】特定健康診査(いわゆるメタボ検診)、特定保健指導

【6】市町村が健康増進事業として実施するがん検診

明らかにする書類

セルフメディケーション税制による
医療費控除の特例を受けるための要件となる一定の取り組み。

さらには、その取り組みを明らかにする書類を、
確定申告書に添付又は提出の際に提示しなければいけません。

具体的には、
こういったものが挙げられています。

・インフルエンザの予防接種又は定期予防接種(高齢者の肺炎球菌感染症等)の領収証又は予防接種済証

・市区町村のがん検診の領収証又は結果通知表

・職場で受けた定期健康診断の結果通知表

・特定健康診査の領収証又は結果通知表

・人間ドッグやがん検診を始めとする各種健診(検診)の領収証又は結果通知表

注意点としては、明細書ではなく、
実際の書類の添付又は提示になっているということ。

いざ申告という時になって、
慌てることがないように準備しておかなければいけませんね。

まとめ

セルフメディケーション税制における
一定の取り組みとは?

セルフメディケーション税制は、
平成29年分の確定申告からはじまる新しい制度です。

適用を考えられている方はすでに、
OTC医薬品の領収書等の収集などは進められていることと思います。

加えて、適用を受けるためには、
一定の取り組みが要件になっています。

書類の準備などに少し注意が必要ですね。

国税庁HP:タックスアンサーNo.1129 特定一般用医薬品等購入費を支払ったとき(医療費控除の特例)【セルフメディケーション税制】❒

 

 

◉編集後記◉

雨がずっと降り続きましたが大きな被害はなく台風は過ぎていってくれそうです。まだ油断はできませんがとりあえずは一安心です。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ