2016(平成28)年度法人税の申告事績:だったら黒字出さなきゃ?

ヨコではなく、タテで見ましょう。

2016(平成28)年度法人税の申告事績

2016(平成28)年度における
法人税の申告事績が国税庁から発表されました。

2016(平成28)年4月1日〜2017(平成29)年3月31日までに終了した
事業年度に係る申告について、平成29年7月末までに申告があったもの
についての集計がされています。

・申告件数

・申告所得金額

・申告税額

などが発表されているのですが、その中でも
最も強調されていると言ってもいいのがこれです。

黒字申告割合は33.2%

発表資料の中で強調されているのが、黒字申告割合。

黒字申告割合は33.2%と、前年度に比べ1.1ポイント上昇し、6年連続の上昇と なりました

とされています。

国税庁HP:平成28事務年度法人税等の申告(課税)事績の概要PDF❒

だったら黒字出さなきゃ

この発表資料を見て、
どのようなことを考えるでしょうか。

黒字申告割合が増えているのか…
だったらウチも黒字ださなきゃな

といったことかもしれませんね。

全体的に黒字申告が増えているのなら、
外部に対しての体裁が悪くなるかもしれない。

自分(たち)も遅れをとる訳にはいかない。

という考え方もありでしょう。

ただ、

計画通り赤字

ということだってあります。

その黒字が、

体質的に黒字になっている結果か

ということも、大事なところでしょう。

いずれにしても、

3割黒字なら自分(たち)もその中に入らなきゃ

と思う必要はありません。

この発表資料を見て、

だったら黒字出さなきゃ

というのはなしですね。

まとめ

2016(平成28)年度法人税の申告事績

だったら黒字出さなきゃ?

発表資料によると、

・黒字申告割合は33.2%

・6年連続の上昇

になっているそうです。

ただそれで、

だったら黒字出さなきゃ

というのはなしですね。

ヨコではなく、タテを見なければいけません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、岡山県真庭市久世周辺である久世祭りに子供の付き添いで。子供たち同士でワイワイなっているのを遠目に見守ります。まるでストー…。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ