駐車場を貸す場合の消費税:課税・非課税の判定と勘違いしやすいもの

最初が肝心です。

駐車場の賃貸料

事業として

駐車場を貸す

という場合。

・契約内容

・貸付場所の状況

などその実態によって、

消費税が

・かかる(課税)

・かからない(非課税)

という判定を
していかなければいけません。

課税・非課税の判定

まずは、
駐車場の賃貸は通常、

消費税がかかる(課税)取引で

そのうちいくつかのものが、
消費税がかからない(非課税)取引だ

と押さえておくといいでしょう。

基本は課税で、
一定のものは非課税です。

駐車場賃貸のうち、
消費税がかからない(非課税)取引になるものとしては、

・駐車場としての整備を一切せずに貸している

・アパートなどの住宅に例外なく割り当てられていて、さらに家賃と駐車場との区分をしていない

・戸建て借家の敷地駐車場部分である

などが挙げられます。

勘違いしやすいもの

前述したものの中で、
勘違いしやすいものとして

貸付の契約期間が1ヶ月未満のもの

というものがあります。

貸付の契約期間が1ヶ月未満である場合には、
いくら前述したものに該当する場合であっても、

消費税がかかる(課税)取引

になりますので、注意が必要です。

たとえ、駐車場としての整備を一切せずに貸した場合でも、
時間貸しや一時貸しなら消費税がかかる(課税)取引になるということですね。

また、契約に定めた貸付期間が1ヶ月未満である場合は、
何かしら事情があって貸付期間が1ヶ月以上になったとしても、
消費税がかかる(課税)取引になります。

1ヶ月の期間と合わせて押さえておきたいポイントです。

まとめ

駐車場を貸す場合の消費税

課税・非課税の判定と勘違いしやすいもの

駐車場を貸す場合の消費税の取扱いは、
基本は課税で一定のものは非課税と押さえておくといいでしょう。

判定をする前には、
契約内容や貸付場所の状況などを確認しておくことが大事です。

賃貸は繰り返され、蓄積されていくものです。

最初の確認が肝心ですね。

 

 

◉編集後記◉

地域のお祭りが近づいてきたので一日かけて準備。雨の様子を見ながらの準備だったので時間がかかりました。本番は晴れそうでよかったです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ