納期限は11月30日(木):所得税及び復興特別所得税の予定納税(第2期分)

2017(平成29)年分についての話です。

予定納税

所得税及び復興特別所得税(長いので以下「所得税」とします)の予定納税。

ざっくり言うと、

前年分の確定申告で納めた所得税が15万円以上※あるときは、

その所得税の3分の1相当額をそれぞれ、

・7月(第1期分)

・11月(第2期分)

の2回に分けて前もって納めておいてね

という制度です。

※実際には、予定納税基準額という一定の基準額に基いて計算されます。

納期限は11月30日(木)

その所得税の予定納税の第2期分の納期限が、

11月30日(木)

にきています。

実はこの所得税の予定納税。

予定納税が必要な方には、6月中旬に

『平成29年分所得税及び復興特別所得税の予定納税額の通知書』

という書類が所轄の税務署から送付されてきています。

そういえば…という方は、
まずはその書類を確認してみてください。

ですので、
金額はすでにその書類で確定済。

納付書で納付される方は、
同封されていた納付書で納付。

口座振替にされている方は、
11月30日(木)に指定の金融機関から引き落とされます。

減額したい場合は

ただ、年の後半に入り、

・業績があまり思わしくない

・昨年ほどの税額にはならない特別な理由ができた

という事業者の方もいらっしゃるでしょう。

そういった方には、

予定納税の減額申請

という制度があります。

これは、第2期分の予定納税だけに対しても受けられる制度です。

所定の書類に必要事項を記載し、
所轄の税務署に提出するよう手続きしてみてください。

ただし、予定納税の減額申請の提出期限は、11月15日(水)になっています。

手続きする際は期限に気をつけて、
早めに手続きしておく必要があります。

国税庁HP:(参考資料)所得税及び復興特別所得税の予定納税(第2期分)の納税をお忘れなく❒

まとめ

納期限は11月30日(木)

所得税及び復興特別所得税の予定納税(第2期分)

2017(平成29)年分についての話です。

減額申請をする場合は、
11月15日(水)までに手続きが必要になります。

また、口座振替にされている方は、
金融機関の残高確認も合わせてしてみておいてください。

 

 

◉編集後記◉

地域の祭りに参加。昨日は宵(よい)祭りでした。だんじりに子供を乗せて地域を練り歩きます。結構な距離^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ