言葉は自由:でもアウトプットしてみないとつかめない

出さなければ、つかめません。

ことばは、自由だ。

来年(2018(平成30)年)の1月に、
岩波書店から最新版の「広辞苑」が発売されます。

10年ぶりの改版で、
1万項目が新たに収録されているそうです。

この「広辞苑」のコピーが、

ことばは、自由だ。

です。

自分らしい表現

ブログを書くときは、

自分らしい表現

を意識しています。

もちろん、常に
できてるわけではありませんが^^;

ただ一方で、そもそも自分らしい表現というのは、
意識してやるものでもないのかも?とも思っています。

前述した「広辞苑」のコピーにもあるように、言葉は自由です。

どのような表現をしたとしても、
それは自分の言葉で自由に表現した結果。

まさに、

ことばは、自由だ。

です。

ただ、こういったことをしていないと、
その自由もつかむことができないと感じています。

アウトプットしてみないと

・どんなにすばらしい考えであっても

・今までにないような視点であっても

・斬新で画期的なアイデアであっても

・すごくわかりやすい説明であっても

・とても役立ちそうな情報であっても

それがアウトプットされたものでなければ、
誰かに伝わるということはありません。

それは、
「誰かに」だけでなく、
「自分に」も言えることです。

どれだけ自分の中で昇華できていたとしても、
アウトプットしてみないとその正体をつかむことができない。

そのように感じています。

まとめ

言葉は自由。

でもアウトプットしてみないとつかめない。

人は、言葉を使って、
自由に表現することができます。

ただ、どのような言葉も
それをアウトプットしてみないとつかめない。

ブログを書いてアウトプットし続けてみて、
それを強く感じています。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、雨が降ったり止んだりの安定しない天気。家まわりのクリーン作戦を決行しようと意気込んでいたのですが。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ