すぐに結果は出ないから:信頼をミルフィーユにする

重ねていく強さです。

信頼が生まれるとき

信頼はどこから生まれるのか。

その答えは、人によって違います。

お金や立場

によって信頼が生まれると答える人がいれば、

礼儀や約束が守られること

によって信頼が生まれると答える人もいるでしょう。

ただ、出会った瞬間から

この人は信頼できる

といえることは稀ですね。

信頼は、時間をかけて徐々に生まれてくるものです。

「信頼口座」という言葉もありますね。

すぐに結果は出ない

どのようなことであっても、

すぐに思うような結果が出る

ということはありません。

その場しのぎの結論や短期的な結果は、
出てきたとしても、どこか薄く、弱いもの。

ずっと続けていくことはできません。

ただ、いくら頭ではわかっていても
そういったものを求めてしまうのが人間ですね。

そんなときは、
こんなイメージを持つようにしています。

信頼をミルフィーユにする

信頼をミルフィーユにする。

決算書を例にするならば、

・売上をきちんと計上する。

・適正な在庫計算をする。

・価値のない資産を計上しない。

・現金を1円単位まで合わす。

・仮払金を計上したままにしない。

・事業に関係のない経費を入れない。

・支払うべき税金を支払う。

人によっては、
細かすぎると感じるようなことであってもミルフィーユにする。

積み重ねることで、それは強さに変わります。

まとめ

すぐに結果は出ないから。

信頼をミルフィーユにする。

事業を続けていくことは、
先の見えない不安との戦いだとも言えます。

その戦いに、一発逆転や満塁ホームランはありません。

だから今日も、信頼をミルフィーユにする。

重ねることは、強さです。

 

 

◉編集後記◉

昨日は単純なミスをして少し落ち込むことに。すぐにリカバリできたのですが、思い込みと慣れによるもの。しっかりリスト化してミルフィーユにしておかなければいけません。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ