「ひとり」であること:これコピーしといて的な働き方はできないけれど

なくす。その工夫はできます。

会議資料

会議資料を揃えるときは、

クラウドで共有しているデータを
各人が事前に確認した状態で持ち寄る

というのが理想です。

ただ、それぞれの環境によって、
なかなか実現しないのが現実。

今まで通り、

会議資料はやはり紙で

という場合も多いでしょう。

そうすると、
こういった作業が必要になりますね。

これコピーしといて

会議資料を紙で渡すとなると、
その資料をコピーするという作業が必要になります。

それは、誰かに頼むという場合も多いでしょう。

これ、◯部コピーしといて

というやつです。

「ひとり」になってからというもの、
この「これコピーしといて」的な働き方はできなくなりました。

コピーしといて

というのは自分で、

コピーするのも

自分だからです。

自分の時間をコピーという作業に使う。

そんなのは無駄

誰かに頼める環境のほうがラク

という考え方もありますね。

ただ「ひとり」であっても、
こういった工夫をすることはできます。

なくすことができる

会議資料を紙で配ることはなくならない。

でも、その中身については、
なくすことができるものも多くあります。

・的外れの統計資料

・必要のない説明資料

・とりあえずつけておく参考資料

こういったものは、なくしても何の問題もありません。

それが、

・前の資料にもついていたから

・慣例でつけることになっているから

・つけないとボリュームが足りないから

などの理由であるならなおさらです。

そういった工夫、できることは、まだまだあります。

まとめ

「ひとり」であること。

これコピーしといて的な働き方はできないけれど。

確かに、

そういった働き方のほうがラク

という面もない訳ではありません。

「ひとり」なら、それを全部自分で受け持つことになります。

でもその分、いちいち

なんとか工夫できないか

と考えるようになりました。

もちろん、その見極めは、
つねに磨いていく必要がありますが。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、長男・次男がそれぞれ別会場でサッカーの試合。いい天気ではあったのですが、やはり寒さが身にしみます。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ