やりたいことを100個書く:それだけで脳みそはぐるぐるに

なっちゃいます。

逆算手帳

先日から参加させていただいている

逆算手帳活用セミナー※

まだ始めたばかりですが、可能性をすごく感じています。

※私は税理士の木村聡子(きむら・あきらこ)さん❒が主催されているオンラインセミナーを受講しています。逆算手帳自体は、セミナーを受けなければ使えないというものではありません。

やりたいことリスト

逆算手帳でまずやるのが、
やりたいことを100個書き出す

《やりたいことリスト》

を作ることです。

この《やりたいことリスト》には、

・やりたいこと

・欲しいもの

・行きたいところ

・こうありたいと思うこと

を自由に書きます。

どんなに無理めなことでも、
途方もない夢のような話であっても、

大丈夫です!(と言っていただけます)

ので、本当に自由に書いてかまいません。

だから、いとも簡単に…

なはずなのですが、これがなかなか。

20個、30個過ぎたあたりから、
やりたいことは急に出てこなくなります。

脳みそはぐるぐるに

・やりたいこと

・欲しいもの

・生きたいところ

・こうありたいと思うこと

これらのことを自由に100個書き出す。

それだけで、
脳みそはぐるぐるになります。

ただ100個書き出すだけでも、

・こんなこと考えてたんだ

・ここは変わってないよな

・そりゃ無茶な

そんな発見の連続です。

出しているのも、
書いているのも、自分なんですけどね^^;

まとめ

やりたいことを100個書く。

それだけで脳みそはぐるぐるに。

続けていくためにできることを考え、
行動していくことをメッセージにしている私の事務所。

ただ、

続けた後のその先にあるものは?

という視点が今まで足りていませんでした。

これは、ちょっとした衝撃です。

続けていくことは、それだけで尊いことですが、
その先にある未来についても一緒に考えておかなければいけません。

そんな時に出会ったのが逆算手帳です。

自分が創り出す未来と
今感じている現実のギャップを埋める。

そんな可能性を逆算手帳に感じています。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、愛媛から両親が来岡。今年できたみかんが届きました。小ぶりですが甘くて旨い。そんな時期ですねえ。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ