2019(平成31)年9月30日までに:軽減税率対策補助金の期限が延長

あきらめていたけれど…という事業者の方には朗報です。

軽減税率対策補助金

軽減税率対策補助金は、

消費税の軽減税率制度が導入されるのにあたって

複数税率(8%と10%)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者が

複数税率対応レジの導入や受発注システムの改修などを行う場合に

その経費の一部を補助する

という制度です。

軽減税率対策補助金HP❒

期限が延長

この軽減税率対策補助金。

もらうためには手続きが必要です。

ただ、それには期限があり、

当初の期限は

2018(平成30)年1月31日まで

でした。

この期限が

2019(平成31)年9月30日まで

に延長されています(注)。

(注)申請受付期限ではありません。後述します。

現在(2017.11.28)のところ、
軽減税率導入時期(消費税率が8%→10%になる時期)が

2019(平成31)年10月1日

に設定されていますので、

その直前まで可能になった

ということですね。

申請受付期限ではないので注意

ただし、
ここで注意していただきたいのが、

2019(平成31)年9月30日まで

は、

事業実施完了期限

であって、

申請受付期限

ではない

ということ。

前述したHP❒でも、

補助金の申請受付期限等については、追って軽減税率対策補助金ホームページでお知らせします。

となっていますので、注意が必要です。

まとめ

2019(平成31)年9月30日までに。

軽減税率対策補助金の期限が延長。

当初の期限は、
2018(平成30)年1月31日でした。

この補助金、

もうあきらめていた

という事業者の方は、
再度検討してみられるといいかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、カフェで宿題になっていた書類の整理と作成。場所を変えると、また違った集中力が出ます。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ