考え込まないのもひとつのコツ:PCに不具合があったときの対処法

314CCAB2-F236-48DF-8546-F082B289446B

先日からインターネットの接続がどうもおかしい。更新に時間がかかりすぎる。と思っていました。PCの調子がおかしいとき、みなさんはどのように対処していますか。

何かがおかしいんだろうけど

PCの調子がどうもおかしいということ、毎日ではないけれど、年に何回かはあるのではないでしょうか。私の場合、PCの調子は仕事の生命線でもあるので、調子が悪いととても焦ります。
そのときの対処の仕方はどのようにしていますか。とりあえず、PCのシステム環境や設定を見直すという内部的な問題を探るのではないでしょうか。設定が急に変わるはずはないんだけどなあとか思いながら、PCをカチャカチャ。時間がすぐにたってしまいます。

私のインターネット接続の話

私のインターネット接続がどうもおかしいというとき、まずやはりPCのシステム環境や設定をみていました。内部的に何か問題があるのではと思ったのです。ただ、別に変わった様子はなく、接続がまったくできないという状況でもなかったので、原因は何だろう。考え込んでしまっていたのです。
こんなことで解決しました。
私のインターネット接続は、別室にあるルーターから無線LANでつないでいます。うーん何でだろうなあ、おかしいなあと思いながらそれを見に行くと、なぜかがっつりナイロン袋がかかっている。誰だ!こんなところにナイロン袋をかけたのは!それをのけると直りました(笑)ついでに掃除もしておきました。

物理的なときもある

例えば、私のようにナイロン袋がかかっているということはまれでしょうが、単純に電源が落ちているという場合もあると思います。PCの調子が悪いというとどうしても内部的な原因を探ってしまいがちですが、意外と単純なことかもしれません。PC周りを、物理的に見直してみるというのもひとつです。掃除もできますよ。

対処療法でよい

PCの調子が悪いと以前は、なぜそうなるのか。その原因をさぐって理解しようとしていました。ただ、PCの場合その原因が多岐に渡ります。すでに存在自体が人知を超えているように思うので、その原因を探し出して理解するということは不可能なのかもしれません。
そのときは、対処療法でいいなと最近では思っています。もちろん、次に生かすということはしますが、何か知らんけど直ったなあもOKとしています。

まとめ

実はインターネットの接続がおかしかったのは、本当はナイロン袋が原因なのかどうかよくわかりません。でも考え込まないようにしています。原因を解明し、理解する能力も必要ですが、考え込まないというのもこのIT・PC社会を生きていくひとつのコツなのかなとも思っています。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ