話上手な人は:場のコーディネート能力が高い人

だからこそのです。

話上手は聞き上手

話上手になるには、
どんなことに気をつけなければいけないのでしょうか。

話上手な人は、聞き上手だとも言います。

上手に話をするために、

まずは相手の話を聞く

とうことが必要ですね。

聞いてるだけでははじまらない

ただ、

聞いているだけでははじまらない

というのも事実です。

話をする時間を意味のある時間にするには、
ある程度は内容のまとまりも無ければいけません。

場によっては、

ただただ聞いてもらえたらいい

聞いてもらえるだけで満足

ということもあります。

ただ、話をして

何かしらの方向性を見出したい

意見や考え方をまとめたい

ということもあるでしょう。

特に、ビジネスの場面では多くあることです。

そんな時に必要なのは、やはり総合力。

場のコーディネート能力です。

場のコーディネート能力

話上手になるには、

場のコーディネート能力

が必要です。

・時間

・場所

・雰囲気

・表情

・声量

・しぐさ

・目的

・内容

・順番

様々な要素を、
注意深くコーディネートしていかなければいけません。

まとめ

話上手な人は、
場のコーディネート能力が高い人。

話をはじめると、
その内容ばかりに注意がいってしまうもの。

話がまとまれば、

話の内容がよかった

で終わりますし、
逆に、話がまとまらなければ、

内容が悪かったのかな

だけにとどまることもあるでしょう。

だからこその

場のコーディネート能力

特にビジネスの現場では、意識しておきたいことです。

 

 

◉編集後記◉

昨日の日曜日は、地域の神様を祀る式と子供たちのサッカーの試合。今月は、最後の日曜日以外全て試合です(^^)/


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ